• HOME
  • MAGAZINE
  • INSIGHT
  • 実業家が建てた美術館「ザ・ブロード」はなぜ人々を魅了するの…
INSIGHT - 2020.1.18

実業家が建てた美術館「ザ・ブロード」はなぜ人々を魅了するのか?

2015年にロサンゼルスのダウンタウンにオープンした「ザ・ブロード」。金融と建設事業で大きな成功を収めた富豪イーライ・ブロードとその妻エディスのアートコレクション約2000点が収蔵・公開されている。オープン以降、圧倒的な人気を誇る同館の魅力を取材してきた。

文=國上直子

ザ・ブロードの外観 Photo by Mike Kelley, courtesy of The Broad
前へ
次へ

予測の3倍、1年間で82万が来館

 選りすぐりの現代美術が無料で公開されるということで、「ザ・ブロード」はオープン当初から大きな話題を集めていた。同館は、金融と建設事業で大きな成功を収めた富豪イーライ・ブロードとその妻エディスのアートコレクション約2000点が収蔵・公開されている美術館。セレブリティらによって、特徴的な建物や、草間彌生の「インフィニティー・ルーム」などの様子が、ソーシャル・メディアで拡散されると、普段アートに興味がなかった層にも同館の存在が知られるようになる。開館から1年間で来館者数は82万人を記録。これは美術館の事前予測の3倍となるものだった。

イーライ・ブロードとエディス・ブロード Photo courtesy of The Broad

 最初の半年間の来館者分析では、「6割が非白人、7割が34歳以下、その多くが現代美術についてほぼ知らない」ことがわかった。これは、「美術館来場者のコア層は中年の白人」という、それまでの通念を覆す結果であった。

 オープンから4年あまりたったいまも、ザ・ブロードには年間80万人以上の人々が訪れている。通りの反対側にある、ロサンゼルス現代美術館の年間来館者が28万人(2018年度)であるのと比較すると、ザ・ブロードの人気の高さがうかがえるだろう。現在、ザ・ブロードはロサンゼルスに欠かせないアート・スポットとしての地位を確立している。

息を呑むプライベート・コレクション

 ザ・ブロードは、特徴のある建物の外観がよく知られている。蜂の巣のような外壁は、数百メートル先からでも見紛うことがない。ロサンゼルスの文化施設の代名詞的に、建物の写真が利用されることもある。設計を担当したのは、ハイラインや新しいニューヨーク近代美術館(MoMA)を手がけた、ディラー・スコフィディオ+レンフロ。総工費1億4000万ドルをかけた建物は、ロサンゼルスのダウンタウンの1区画を丸々占め、その佇まいは一流美術館そのものとなっている。

ブロード夫妻のコレクションが展示される3階へ続くエスカレーター部分は、洞窟を奥に進んでいくような構造になっており、別世界に連れて行かれるような演出が施されている

 ブロード夫妻のコレクションが展示されているのは3階部分。展示室に着くと、一気に解放された空間が広がる。まず目に飛び込んでくるのは、中央エリアに惜しみなく置かれる巨大作品群。これらが、プライベート・コレクションだという事実を飲み込むのにしばらく時間がかかる。

ジェフ・クーンズとマーク・ブラッドフォードの巨大作品が並ぶ中央エリア

 展示室内は、フリースタンディングの壁で仕切られ、アーティストごとに作品がまとめられている。ブロード夫妻は、200を超える現代アーティストの2000以上の作品を所有しており、訪問時は、ジャン=ミシェル・バスキア、アンディ・ウォーホール、草間彌生、村上隆、ロバート・ラウシェンバーグ、バーバラ・クルーガー、サイ・トゥオンブリーらをはじめとするアーティストの作品が展示されていた。

アンディ・ウォーホールの作品展示エリア

 作品を1点ずつ見ていくと、それぞれの「質の高さ」に目を見張る。例えば、ギャラリー・トークや校外学習などで作品鑑賞を行う際、形式論、記号論、社会的背景、作者の生い立ち、心理的状況など、多角的に作品についてディスカッションを行うことになる。ザ・ブロードの場合、展示されているどの作品も、そうした踏み込んだ鑑賞に耐えうる「厚み」を持っている。他の有名美術館にも、もちろんそうした「良質」な作品は存在するが、ザ・ブロードのように、次から次へと隣同士に並んでいるようなことは珍しい。その点で、ザ・ブロードはエデュケーターの理想郷のような場所に見える。

ロバート・ラウシェンバーグとジャスパー・ジョーンズの作品展示エリア
サイ・トゥオンブリーの作品展示エリア

 現代美術を展示する場合、アート・ムーブメントごとやフェミニズム、ポスト・コロニアリズム、マイノリティ、大量消費社会、身体など、定型のテーマでくくられることが多いが、これらは、なじみのない人々にとっては、現代アートへの興味を削ぐ御託になりかねない。ザ・ブロードでは、アーティストごとに作品をまとめて展示することで、こうした「ナラティブ(文脈)」はかなり抑えられている。実際のところ、お仕着せの解説から解放されたザ・ブロードの展示は清々しいものがあり、見る側として、普段どれだけこれらの「ナラティブ」に縛られているか、実感する機会ともなった。

展示風景より、ジェフ・クーンズ《マイケル・ジャクソン・アンド・バブルス》(1988)
マーク・タンジーの作品展示エリア
展示風景より、ロバート・テリエン《アンダー・ザ・テーブル》(1994)

ザ・ブロードはなぜ無料なのか?

 ブロード夫妻のミッションは「可能な限り幅広い観客に現代アートを紹介すること」。深い鑑賞が可能な作品を厳選しつつも、キュレーションによる過度な意味付けを避け、より多くの人に現代アートを楽しんでもらおうとする強い意図が感じられた。ここが、ザ・ブロードが他の美術館と一線を画す点かもしれない。

ジャン=ミシェル・バスキアの作品展示エリア
ジェニー・サビル(左)、グレン・リゴン (中央奥)、セシリー・ブラウン(右)の作品展示エリア

 「ほんとうにいい作品は美術館にではなく、プライベート・コレクションにある」と言われることがあるが、ザ・ブロードを見ると、この説が説得力を増す。これだけの作品を集めたアート・コレクターとしてだけではなく、さらに多くの資金を投じ、無料で作品を一般公開する場をつくり上げた、慈善家としてのブロード夫妻にも圧倒されるばかりである。ザ・ブロードは夫妻のミッションとレガシーが、余すところなく体現された、一般の美術館とは似て非なる場所として、特別な存在感を放っていた。

マーク・ブラッドフォードの巨大作品が複数並ぶ中央エリア
1階には、特別展示室とショップがある
インパクトのあるロゴを用い、ブランディングもしっかりと行なわれている