• HOME
  • 展覧会
  • 香川
  • 戦後デザイン運動の原点ーデザインコミッティーの人々とその軌跡
EXHIBITIONS

戦後デザイン運動の原点ーデザインコミッティーの人々とその軌跡

 香川県立ミュージアムで展覧会「戦後デザイン運動の原点ーデザインコミッティーの人々とその軌跡」が開催されている。

 本展は、川崎市岡本太郎美術館と香川県立ミュージアムが共同で企画したもの。「国際デザインコミッティー(現・日本デザインコミッティー)」の創立から1960年代頃までを中心に、創立メンバーらの家具・プロダクトデザイン、建築作品の模型、写真、壁画や絵画作品などを展示し、戦後デザイン運動の先駆けとなったコミッティーの活動に焦点を当てる。

 国際デザインコミッティーは、戦後復興からまもない1950年代初頭の東京で、国際交流、デザインの啓蒙、普及を目的として、幅広い分野の人々が創立した団体。メンバーには、建築家の丹下健三や吉阪隆正、清家清、デザイナーの剣持勇、柳宗理、渡辺力、亀倉雄策、また評論家の勝見勝、浜口隆一、瀧口修造、写真家の石元泰博、画家の岡本太郎らが参加した。

 本展は香川県立ミュージアムでは初めてとなる、デザインを本格的に取り上げる展覧会。「国際デザインコミッティー」に関連して、香川とコミッティーのつながりを紹介する所蔵品展も同時開催中だ。