• HOME
  • EXHIBITIONS
  • パリ・グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポス…
EXHIBITIONS

パリ・グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展

三菱一号館美術館|10.17 - 01.07

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ディヴァン・ジャポネ 1893 三菱一号館美術館

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ディヴァン・ジャポネ 1893 三菱一号館美術館

エドゥアール・ヴュイヤール 街路(風景と室内) 1899 ファン・ゴッホ美術館

モーリス・ドニ 『ラ・デベッシュ・ド・トゥールーズ』紙のためのポスター 1892 ファン・ゴッホ美術館

 多様な芸術運動が勃興した19世紀末のパリを映したグラフィック・アートを紹介する展覧会が開かれる。

 19世紀末のパリにおいて、複製や情報伝達のための手段でしかなかった版画は、トゥールーズ=ロートレックや前衛芸術家たちによって絵画と同じ芸術の域まで高められ、新たな芸術表現を切り拓く重要なメディアへと発展。版画を収集する愛好家も現れるようになった。

 いっぽうで、消費や歓楽、遊興といった大衆文化が開化。街中や劇場内のポスター、本の挿絵などによってかつてないほどのイメージが世に広がったことで、より幅広い人々が日常的に芸術を享受できるようになった。

 本展では、19世紀末パリにおける版画やポスター画の広がりを検証。三菱一号館美術館およびアムステルダム美術館、ファン・ゴッホ美術館の貴重な版画コレクションからリトグラフ・ポスターを中心に、油彩や挿絵本などを加えた約140点を展示する。