EXHIBITIONS

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

東京都美術館|10.23 - 01.07

フィンセント・ファン・ゴッホ 《花魁(溪斎英泉による)》 (部分) 1887年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 © Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

フィンセント・ファン・ゴッホ 《花魁(溪斎英泉による)》 1887年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 © Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

フィンセント・ファン・ゴッホ 《夾竹桃と本のある静物》 1888年 メトロポリタン美術館蔵(ジョン・L.・ローブ夫妻寄贈) © The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

フィンセント・ファン・ゴッホ 《種まく人》 1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 © Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

フィンセント・ファン・ゴッホ 《画家としての自画像》 1887/88年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 © Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

 オランダが生んだ偉大な画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。「ゴッホと日本」をコンセプトに、日本美術が画家にどのような影響を与えたのかを見つめる展覧会が開催される。

 ファン・ゴッホは、1886年にパリに移り、様々な刺激を受けながら、自らの絵画表現を模索。その後、浮世絵版画の収集を始めるようになり、油彩画による模写で、構図や色彩を学んだ。さらに、浮世絵を中心とする美術作品や日本を紹介した文章を咀嚼しながら、独自の日本イメージを醸成。ファン・ゴッホにとって日本は、創意の源であり、夢にまで見た理想郷となった。

 「ファン・ゴッホのジャポニスム」、「日本人のファン・ゴッホ巡礼」の2部構成からなる本展では、国内外のコレクションから厳選したファン・ゴッホの作品約40点と、同時代の画家の作品や浮世絵など約50点を展示。

 また、フランスの国立ギメ東洋美術館に所蔵される『芳名録』に基づき、ファン・ゴッホが眠るフランス・オーヴェールを訪れた佐伯祐三や前田寛治らの巡礼の軌跡をたどる。