AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

TAKAY「IN PRAISE OF SHADOW(HOMAGE TO TADAO ANDO)」

2022.04.08 - 04.28

©︎ TAKAY Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

©︎ TAKAY Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

©︎ TAKAY Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

©︎ TAKAY Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

©︎ TAKAY Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

 Akio Nagasawa Gallery Ginzaは、写真家・TAKAY(タケイ)の個展「IN PRAISE OF SHADOW(HOMAGE TO TADAO ANDO)」を開催する。

 TAKAYは1973年⽣まれ。96年に渡英し、ファッション誌『i-D』でキャリアをスタートさせる。現在はニューヨークと東京を拠点に、『Harper's Bazaar Germany』『L'Uomo Vogue』といったファッション誌から、「Armani Jeans」「Y-3」の広告など世界的に活躍している。

 主な出展歴として、2001年にヴィクトリア&アルバート博物館で開催された展覧会の拡⼤版「Bravehearts: Men in Skirts」(メトロポリタン美術館、ニューヨーク、2003)や、シャネルの歴史とクリエイティブな側⾯に焦点を当てた作品を出品した「CULTURE CHANEL」(上海当代芸術館、2011)など多数。16年に写真集『ECHOS』、20年には『Fluence: The Continuance of Yohji Yamamoto』を出版している。

 本展では、安藤忠雄の建築である兵庫県⽴美術館をモチーフに、TAKAYが「陰翳礼讃」をテーマとして取り組んだシリーズを紹介する。また本展開催にあわせ、Akio Nagasawa Publishingより新刊の写真集『IN PRAISE OF SHADOW(HOMAGE TO TADAO ANDO)』も刊⾏される。