EXHIBITIONS

粘土道20周年記念 片桐仁創作大百科展

「粘土道20周年記念 片桐仁創作大百科展」キービジュアル

館内の様子

館内の様子

2018年3月イオンモール春日部 ご当地作品「片桐たんす」

2018年7月イオンモール鈴鹿 ご当地作品「鈴カメレオン」

2019年6月台湾 ご当地作品「鯛椀-TAIWAN-」

片桐仁 自画像

2018年「またつま(またつまらない物を作ってしまった)」のイベントにて、開催地の香川県(うどん県)に因んで作った作品「ウドンケンシュタイン」

フィアット社のWEB CMで実現した「JOMON(縄文)フィアット500X」

片桐仁的公園(仮) イメージ

公園魔(館内の様子より)

 芸人、俳優、そして彫刻家としても活動する片桐仁。その創作活動20年の節目に展覧会「粘土道(ねんどみち)20周年記念 片桐仁創作大百科展」がGallery AaMoで開催される。11月20日~12月19日まで。

 片桐は1973年生まれ、埼玉県出身。多摩美術大学卒業。現在はテレビ・舞台を中心にドラマ・ラジオなどで活躍し、最近の出演作品には、TBSのドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』、日本テレビの『あなたの番です』、舞台『「バクマン。」THE STAGE』がある。99年より俳優業の傍ら彫刻家としても活動を開始。2015年にはイオンモール幕張新都心、翌年からは全国のイオンモールにて「片桐仁 不条理アート粘土作品展『ギリ展』」が開催され、4年間で18都市を周り合計7万8000人を動員している。

 本展は、片桐の創作活動の集大成となる過去最大規模の展覧会。「粘土道」としてこれまでに発表された粘土作品をはじめ、初公開となる学生時代に描いた自画像などの絵画や、雑誌『テレビブロス』の連載で描いてきたイラスト、そして取材先で制作した作品の展示と、片桐の20年以上にわたる創作活動のすべてを網羅する。

 さらに片桐が過去最大の作品をつくりたいと願い、多くの協力を得て目標を達成したクラウドファンディングによる「公園魔」が実現。当初は来場者とともに公園を完成させる予定だったが、片桐がひとりで挑んだ大作を披露する。

 また本展の開催を記念したグッズも多数販売(物販コーナーは入場無料)するほか、会期中には来場者がものづくりの楽しさを体験できるワークショップの実施なども予定している。

「2020年の春に中止となった『粘土道20周年記念 片桐仁創作大百科展』がついに開催されることになりました!僕がこの22年間で制作した、粘土作品やイラスト、企業や番組とのコラボ作品、また家族とYouTubeで作った作品など、ほぼ全てを網羅する僕の回顧展になっています。さらに会場で作れるワークショップもあるので、モノづくりの楽しさを知るキッカケにもなればいいなと思います。大人から子供まで楽しめる展覧会になっていると思うので、皆様是非いらしてください!(展覧会によせて・片桐仁メッセージ)」

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。