AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

TAKAHIDE KOIKE "New Works"

展示風景より

展示風景より

展示風景より

展示風景より

展示風景より

展示風景より

展示風景より

展示風景より

 画家・小池隆英の個展「New Works」がイケダギャラリー 東京で開催中。会期は11月27日まで。

 小池は1960年山形県生まれ。色彩の関係性をテーマにペインティングの制作を続けており、水で濃度を下げたアクリル絵具を重力で正方形や長方形のキャンバスに塗り広げることで、隣接する色との重なりや領域を定める独自の画風を確立した。初期の作品では、主に赤やパステルカラーを使用。その後、青や赤などの濃厚色を用いるようになり、近年では気品ある薄紫色が表れている。また、ベルリンとニューヨークでの滞在制作を経て、その画面に新たな変化を見せている。

 本展は、イケダギャラリー 東京では4年ぶりとなる新作展。ペインティング18点を展示している。