AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

秋山祐徳太子と東京都知事選挙

2021.09.13 - 10.09

撮影=羽永光利 1979

撮影=渡辺克巳 1979

 独創的なブリキ彫刻や、グリコのランナーを模した「ダリコ」パフォーマンスで知られる美術家・秋山祐徳太子(あきやま・ゆうとくたいし、1935〜2020)。政治のポップ・アート化を目指して1975年と79年の2度にわたり、東京都知事選に立候補した。

 街頭や立合演説会場、テレビ・ラジオの政見放送、560万部の選挙公報、1万2千箇所のポスター掲示板、そのすべてを芸術行為の現場とし、当落を超越した秋山のひたむきな選挙活動は、人々の脳裏に鮮烈な印象を残した。この時の選挙ポスターは現在、芸術作品として諸美術館に収蔵されている。

 本展では、秋山の選挙ポスターや写真、映像をはじめ、音声記録、候補者届出書、供託書、選挙公報、候補者用特殊乗車券、腕章、旗、そのほか初公開の資料を多数展示。40数年前の東京都を舞台に繰り広げられ、華々しくも健気に散った秋山祐徳太子候補の泡沫芸術パフォーマンスを振り返る。

 なお会場では、1975・79年の都知事選関連資料33点、写真90点を収録した記録冊子も販売される。