AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

ケレ ヤン、ヌカㇻ ヤン、ヌ ヤン さわる、みる、きく、国立アイヌ民族博物館

本展フライヤー

 国立アイヌ民族博物館では、第1回交流室展示「ケレ ヤン、 ヌカㇻ ヤン、ヌ ヤン さわる、みる、きく、国立 アイヌ民族博物館」を開催する。

 本展は様々な人に向けて、博物館を視覚のみに頼らずあらゆる角度から体験するために企画されたもの。触図など、展示する資料はすべてさわって見ることができる。

 さらに視覚、触覚、聴覚によって展示をより理解してもらう試みとして、国立アイヌ民族博物館が位置するウポポイ(民族共生象徴空間)にある音と映像を、春日聡(映像・音響作家、映像人類学者、国立歴史民俗博物館客員准教授)の協力を得て録音・撮影して展示。本展を視覚障害者が同博物館を体験するための機会とすることを目的のひとつに、視覚頼り(見る)の博物館体験のあり方を問い直すことを目指す。

 その他、フィールドミュージアムとなっている国立民族共生公園も含めたイベントや、国立民族学博物館から講師を招いた講演会などの関連イベントも行う。