EXHIBITIONS

第61回CWAJ現代版画展

代官山ヒルサイドフォーラム|10.24 - 10.28
 1956年に美術評論家のオリバー・スタットラーらの助言を得て始まった「CWAJ現代版画展」の第61回が開催される。

 本展はこれまで、日本の現代版画の魅力を伝えるとともに、展示販売などによる純益で、800名以上の学生や版画作家に奨学金や助成金を提供してきた。また、2012年からは「CWAJ福島支援プロジェクト」を立ち上げ、福島県の看護学生への奨学金および相馬市での心のケアへの支援を続けている。

 今年は第一線で活躍する201名の作家(初出品作家29名)の作品が一堂に集結。木版、銅板、リトグラフ、シルクスクリーンなど多彩な作品を展示、販売する。そのほか、篠田桃紅の貴重な新作、日本の版画界を代表する作家の傑作をはじめ、ヤング・プリントメーカー受賞者の岡田育美、玉城綾乃の作品も並ぶ。