EXHIBITIONS

金田勝一「OUR HOUSE」

2021.06.12 - 07.17

金田勝一 P.C.046「京都縦貫道 03 2021

金田勝一 HUMAN’S OWN for kids 01 2019

 アーティスト・金田勝一の11年ぶりとなる個展「OUR HOUSE」が東京画廊+BTAPで開催される。

 金田は1970年京都府生まれ。95年に京都市立芸術大学美術研究科(絵画専攻)を修了後、京都を拠点に活動・制作を行う。2009年から京都市立芸術大学で油画の教鞭を執り、20年より教授を務めている。

 艶やかな色が印象的な金田の作品は、絵画・立体ともにFRP(繊維強化プラスチック)を支持体とし、油絵具やニス、アクリルラッカー、自動車用塗料など、様々な塗料を用いて制作される。代表作の「Human's Own」シリーズはF-1をモチーフに、利益を求めて社会をさまよう人間の本質が、動きを止めると死ぬサメに重ね合わせて表現されている。

 本展では「Human's Own」の最新作3点と、15年より制作を続けるペインティングのシリーズ「Plastic Construction」を展示する。

「Plastic Construction」シリーズは、油絵具、ファイバーグラス、ポリエステル樹脂、ステッカーなど、プラスチックと同様の石油由来の素材で構成される平面作品。描かれているのは、自宅の庭、コンビニエンスストア、モールの屋上駐車場、京都縦貫自動車道といった日常的に目にする光景だが、所々にステッカーが配置され、情報や記号が浮遊する社会を模しているように見える。

「Human's Own」シリーズの最新作でも、ペダルカーの支持体に金田が制作したステッカーが貼られている。プラスチックの不定形な性質をすくい取りつつ、安価で日常的な素材を用いながら、金田はそこに現代社会の光景を流動的な構造に流し込んでいる。

 展覧会のタイトル「OUR HOUSE」は、1980年代イギリスのスカ・バンド「Madness」のヒットソングからとったもの。金田は、サッチャー政権下の労働者階級の暮らしを半ば自虐的に、半ば楽天的に歌ったこの曲と、現在の社会状況を対照的に見ている。身分や境遇の違いから省みられなくなった真実を、郊外のストリートに立ち戻って記録し続けようという、金田の基本的な制作姿勢の表明とも言えるタイトルだ。