EXHIBITIONS

荻野夕奈「Flower Unchaining」

KATSUYA SUSUKI GALLERY
2021.03.03 - 04.04, 2021.04.07 - 04.29

Photo by MIYAJIMA Kei © OGINO Yuna

荻野夕奈 作品集『FLOWER & BODY』

 今年3月、東京・目黒にKATSUYA SUSUKI GALLERYが新たにオープン。こけら落としは、荻野夕奈の個展「Flower Unchaining」を開催する。

 荻野は1982年東京都生まれ。05年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業、07年同大学大学院美術研究科修了。国内外でのグループ展への参加や個展を開催し、精力的に作品を制作・発表してきた。また近年は自身の作品制作だけでなく、ライブペインティングや朝刊連載の挿絵を担当するなど活動の場を広げている。

 デビュー以来、自己・女性の象徴としての「花」をモチーフに制作を続けている荻野。近作では人物画にも挑戦し、身体の一部や花束などを、オールオーバーな構成と独創的な色の調和で表現している。

 自身初の作品集『FLOWER & BODY』の発売記念ともなる本展では、作品集に掲載された油画、アクリル画の未発表作品を中心に構成。加えて、不平等な人間社会の意識を排除した個としての女性像を、モデルとなった人物と向き合い描き出した新作を発表する。会期中には、作家のサイン入り作品集を販売。

 KATSUYA SUSUKI GALLERYは、コンサートや舞台公演のためのホールや図書館などを併設するパーシモンホールが佇む、都立大学エリアの芸術文化の中心・柿の木坂で、新しい現代美術の発信基地として活動する。