EXHIBITIONS

金子國義の世界

2021.02.03 - 02.14

金子國義 初陣を飾る 2001

 没後6年を迎える画家・金子國義の個展「金子國義の世界」がBunkamura Galleryで開催される。

 金子は1960年代に画家としてデビュー。高度経済成長の只中にあって世のなかのすべてが激変していくなかで、三島由紀夫や澁澤龍彦に見出され、日本の前衛芸術を切り開いた寺山修司、四谷シモンらとともに活躍し、美術界にセンセーショナルな衝撃をもたらした。

 ユニークな人間性と絶対的な美意識で人々を陶酔させた金子。理性と狂気、そして激情の宿るその作品群は、絵画のみならず、写真や着物デザイン、舞台美術など、様々なジャンルを超えて熱狂的な支持を得る。時代を駆け抜け、2015年2月のBunkamura Galleryでの「美貌の翼」を最後の個展に、78年の生涯を閉じた。

 美徳と悪徳、聖と邪。相容れない危うさの狭間にこそ人間本来の美しさを見出し、優美な作品へと昇華し描き出す金子の「美学」は、いまもなお人々を魅了し続け、世界的な再評価の機運も高まっている。

 本展では、美術界にデビューした60年代から晩年に至るまで、画業の全貌を垣間見ることのできる希少な油彩、ドローイング、版画作品を展示・販売する。