EXHIBITIONS

カチョウフウゲツ~ 巧術 dept. rmx./ spinoff​

森本愛子 唐草文様

 グループ展「カチョウフウゲツ~ 巧術 dept. rmx./ spinoff​」がMITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERYで開催される。

 本展では、絵画、金工、木彫、刺繍/切り絵とそれぞれ異なる分野の技法を、現代の新しい感覚で巧みに表現する作家たちが、「花鳥風月」という伝統的なテーマのもとに共演する。

 出品作家は、大理石の表層を模倣した作品シリーズなど、絵画を通して虚実を考察する石黒昭、純白の糸と布、切り絵によって繊細な作品を手がける悠(Haruka)、「境界」をテーマに、身体の部位を木彫でかたちにする松本涼、昆虫や甲殻類などを精巧に再現した「自在置物」で知られる満田晴穂、日本画の伝統的な素材や技法と、織物や工芸品に使われる文様を組み合わせて描く森本愛子の5名。