EXHIBITIONS

堀川すなお個展

解釈と行為 -ヴァンナ(35)フィリピン共和国、アナ(21)パキスタン・イスラム共和国、エスター(23) ザンビア共和国、イブロ(33) トルコ共和国、サイモン(28)シリア・アラブ

2020.11.20 - 12.06

メインビジュアル

 微細な線でドローイングを描くアーティスト・堀川すなおの個展がFINCH ARTSで開催される。

 堀川は大阪の発明家の家系出身。2012年京都市立芸術大学美術研究科絵画専攻油画領域修了。「普段分かっていると思っているモノの存在を、実際はどのようにわかることができるのか」をテーマに作品を制作している。主な展覧会に、「Sunao Horikawa Window Display Work」(ポーラ ザ ビューティー銀座、東京、2019)、「クリテリオム87 堀川すなお」(水戸芸術館現代美術ギャラリー、2013)など。15〜16年には、平成27年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてニューヨークにて滞在制作を行う。

 堀川は、他者とのコミュニケーションから発生する認識の齟齬を、イメージから言語へ言語からイメージへと転換を繰り返すことにより、建築図面や有機体の設計図のような平面作品として表現する。見えているもの、知っているものを言語化し伝えること、それを理解するプロセスを経て描かれる絵画は、普段私たちが認識している世界とは別世界の物理法則のうえにあるようにも見える。

 本展では、堀川独自の方法論によって構築される平面作品の新作およそ10点を中心に展開する。