EXHIBITIONS

母袋俊也展 《ta・KK・ei 2020》―「奇数連結」再始動―

CAFE&SPACE NANAWATA
2020.11.06 - 2021.01.31

展示風景より

母袋俊也 ta・KK・ei 2020(3枚組) 2020

母袋俊也 ta・KK・ei(3枚組) 1998

 画家、美術理論家・母袋俊也の個展「《ta・KK・ei 2020》―『奇数連結』再始動―」が開催。本展では、1998年制作の絵画《ta・KK・ei》から展開した新作を発表する。

 母袋は1954年長野県生まれ。78年東京造形大学絵画専攻卒業。83〜87年までフランクフルト美術大学絵画・美術理論科でライマー・ヨヒムス教授に学ぶ。「絵画におけるフォーマートと精神性」を制作・理論の両面から探求し、近年は「絵画・像の現出する場、位置」に対する関心を深め制作に臨む。東京造形大学名誉教授、嵯峨美術大学客員教授。2020年10月に『母袋俊也作品集 浮かぶ像―絵画の位置』(現代企画室)を刊行する。

 本展の起点となる絵画《ta・KK・ei》は、16世紀初頭にドイツ・イーゼンハイムで、画家のグリューネヴァルトが、ペストなどの治療を行う施療院のために描いた歴史的絵画《磔刑図》から着想を得たもの。絵画と精神性について探求を続ける母袋は、西洋の祭壇画が「奇数連結」であり、東洋の障屏画が「偶数連結」であるという形式の違いに着目し、1998年に3枚組の磔刑図《ta・KK・ei》を制作した。そして2020年、新型コロナウイルスが世界的に流行するなか、画家は新たな《ta・KK・ei》に取り組んだ。

 本展において、22年ぶりとなる「奇数連結」の絵画が再始動。揺らぐ世界の現実に、絵画はどのように対峙するのか。母袋は私たちの前に、新たな「像」を浮かび上がらせる。