EXHIBITIONS

オノデラユキ「TO Where」

オノデラユキ Detail of "Darkside of the Moon" No.01, triptych 2020 ©︎ Yuki Onodera, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

 パリを拠点に活動する写真家・オノデラユキの新作を中心とした個展が、ユミコチバアソシエイツで開催されている。

 オノデラは1962年東京都生まれ。独学で写真技術を身につけて作家活動をスタートさせ、91年に第1回写真新世紀展優秀賞を受賞。93年に渡仏し、2003年に写真集『カメラキメラ』で第28回木村伊兵衛賞、2006年にはフランスにおけるもっとも権威ある写真賞、ニセフォール・ニエプス賞を受賞するなど世界的な活動を続けている。

 これまでオノデラは、カメラを改造する、モノクロ写真に着彩するなど、記録装置としての写真のあり方に揺さぶりをかけるような作品を制作。カメラの機構やプリント、撮影行為のすべてにおいて造形行為や演出がなされ、カメラと写真というテクノロジーに潜在する造形的な可能性を拡張しようとしている。

 本展は、コラージュ、ペインティング、フォトグラム、ドリッピングといった行為によって、何らかの操作がなされた写真作品で構成。銀塩写真プリントもすべて作家自身による新シリーズ「Darkside of the Moon」は、写真というメディアの探究において、認識と知覚のあわいを往還するオノデラの試みを見ることができる。

 なお本展は、THE GINZA SPACEで開催される、オノデラの初期の代表作「古着のポートレート」などを展観する「FROMWhere」展(〜11月29日)との同時開催となる。