EXHIBITIONS

築山有城 「Exhibition 2020」

2020.06.26 - 08.01

築山有城 Drawing for 'Exhibition 2020' © Yuki Tsukiyama

 関西を中心に精力的に活動する彫刻家・築山有城の個展がTEZUKAYAMA GALLERYで開催される。

 1976年に生まれた築山は、2000年に京都造形芸術大学芸術学部美術科彫刻コースを卒業し、現在に至るまで出身地である神戸に拠点を制作を行ってきた。築山が扱う素材は金属や樹脂、木、塗料など多岐にわたるが、制作の出発点はつねに素材そのものにある。

 築山は「遊び」と呼ぶ実験を繰り返すなかから素材固有の特性をとらえ、それを作品主題の一部とする。また作品を構成する要素はシンプルでありながらも、ひとつのスタイルに固執せず、つねに好奇心と柔軟な思考から作品制作へとつなげている。

 本展では、総重量250キロの楠の木塊を手鋸を用いて、6分割にした大型の彫刻作品を発表。加えて、ドローイングや新作の平面作品なども展示される。