EXHIBITIONS

岩月ユキノ「緑の生活」

岩月ユキノ 家 2019

岩月ユキノ 部屋 2020

岩月ユキノ 部屋 2018

 岩月ユキノは1975年愛知県生まれ、98年金沢美術工芸大学視覚デザイン科卒業。国内での個展開催のほか、2019年には国際アルテ・ラグーナ賞、チェルシー国際ファインアートコンペティションにそれぞれ入賞し、海外で作品が展示されるなど精力的に活動を続けている。

 ありふれた日常に魅せられた作家にとって、「見る」という行為は制作における重要な要素のひとつ。岩月は見ることを突き詰めて「現実=生活」のなかに理念や理想を見出し、慣れ親しんだ日常的な事物を普段とは異なった目線でとらえて美しく尊いものとして具現化している。

 小さな家と動物や南国の植物、布団のある和室の室内から見える生い茂った植物。自身の生活や旅先ではあたり前に存在するものの組み合わせを平面的に描写した作品は、背景や建物、植物、動物などすべてが主張することなく、集まったものが醸し出す空気を感じ取ることができる。

 本展では、目まぐるしい社会の変化のなかにありながら、一貫したテーマに基づいて真摯に制作された油彩画の新作を中心に、タイなど旅先で心に留まった光景を描いたドローイングも展示。個展開催に合わせて、ギャラリーのウェブサイトでも展示風景を公開する。