EXHIBITIONS

博物館に初もうで

2020.01.02 - 01.26

染付大根鼠図大皿 伊万里 江戸時代・19世紀 平野耕輔氏寄贈 東京国立博物館蔵 展示期間:2020年1月2日~26日、本館特別1室

鈴木春信筆 鼠、猫と遊ぶ娘と子供 江戸時代・18世紀 東京国立博物館蔵 展示期間:2020年1月2日~26日、本館特別1室

長谷川等伯筆 松林図屛風(左隻) 安土桃山時代・16世紀 国宝 展示期間:2020年1月2日~13日、本館2室(国宝室)

御所車蒔絵硯箱 江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵 重要文化財 展示期間:2020年1月2日~3月22日、本館12室

新春イベント 和太鼓(2019年の様子)

 東京国立博物館の正月企画「博物館に初もうで」。本企画では、毎年恒例となっている干支をテーマにした作品の特集や、同館所蔵の国宝《松林図屛風》をはじめとする名品の数々を公開する。

 2020年の干支は「子(ねずみ)」。本館特別1室・特別2室で行う特集「博物館に初もうで 子・鼠・ねずみ」では、ねずみをあしらった袱紗(ふくさ)や印籠、染付など「子」にちなんだ作品を選りすぐり、大黒天の使いとして、また子孫繁栄の象徴といった「子」の様々な顔を紹介する。

 江戸時代に流行した粋なねずみ色の着物や、永遠の宿敵である猫との共演も見どころ。いっぽう本館では、長谷川等伯による《松林図屛風》や『古今和歌集』など、新年を寿ぐ様々な名品が並ぶ。

 また博物館の館内外では、新春を華やかに彩るいけばな、和太鼓や獅子舞など、日本の伝統文化に触れることができるイベントも行われる。