EXHIBITIONS

kyocera×seika 2019

トロポスフィア:素材が開く新しい世界

京セラギャラリー
2019.11.15 - 12.15
 京都精華大学と京セラ株式会社が連携した展覧会「トロポスフィア:素材が開く新しい世界」が開催。本展では、同大学出身および在籍中のアーティストが、京セラの独自の技術が生み出した装飾素材「京都オパール」を制作に取り入れた作品などを展示している。

 展覧会タイトルの「トロポスフィア(troposphere)」は、地球を覆う大気層のひとつで、自由に大気が入り混じり様々な気象現象を生み出す「対流圏」を意味するもの。本展が、芸術のジャンルや国籍、企業と大学を超えた対流となることを願って名づけられた。

 出品アーティストは、小出麻代、山城優摩、アルベルト・ヨナタン、ロサナ・リオスの4名。洋画、版画、陶芸、テキスタイルなど、それぞれが専門とする分野で「素材」を重視した作品を手がけてきた。

 本展では、4名のアーティストと、同じく「素材」を重視したものづくりを行う京セラがコラボレーション。企業と大学、アーティストとの連携、京都オパールをはじめとした複数の素材が展示空間で入り混じることで生まれる、新しい表現の世界を見せる。