EXHIBITIONS

fumiko imano「LA☆Fumiko Imano」

2019.10.19 - 11.30

fumiko imano LA☆Fumiko Imano 2015 Photo by Keizo Kioku © fumiko imano

fumiko imano LA☆Fumiko Imano 2015 Photo by Keizo Kioku © fumiko imano

fumiko imano LA☆Fumiko Imano 2015 Photo by Keizo Kioku © fumiko imano

fumiko imano LA☆Fumiko Imano 2015 Photo by Keizo Kioku © fumiko imano

展示風景 Photo by Keizo Kioku

展示風景 Photo by Keizo Kioku

 ロエベのルックブックで作品を発表するなど、ファッションとのコラボレーションでも注目される写真家・fumiko imanoの個展が開催中だ。
 
 imanoは1974年生まれ、2〜8歳までブラジル・リオデジャネイロで過ごした。セントラル・セント・マーチンズ美術デザイン大学でファインアートを専攻した後、ロンドン・ファッション・カレッジでファッション・スタイリングと写真を学び、2002年に帰国。現在は茨城県・日立市を拠点に活動している。これまでロンドン、フランス、ベルリン、香港、東京、アイスランドなど世界各地で展覧会を開催。『We Oui!』(Little Big Man Books、2017)をはじめ、多数の作品集を発表している。

 imanoの代表作は、35ミリカメラで撮影したセルフポートレイトを切り貼りし、「双子」のモチーフに仕上げるフォトモンタージュのシリーズ。双子のモチーフは、帰国後に感じたカルチャーギャップの困難さから自分を元気づけ、没頭できる「マジックのようなもの」として誕生したという。

 また、コンピュータでイメージを精緻に合成できる時代に、あえて手作業でシンプルにつくられるフォトモンタージュの手法には、imanoがつねにアイデンティティに自覚的であるという背景がある。

 本展では、2015年出版の写真集『LA☆Fumiko Imano』に収録されたシリーズより27点を展示。双子がロサンゼルスで自然や動物たち、街のアイコニックなものをオリジナルな風景に変えていく旅の様子を見ることができる。