EXHIBITIONS

岡本太郎美術館20周年記念展 これまでの企画展みんな見せます!後期

芸術と社会・現代の作家たち

2019.10.26 - 2020.01.13

高橋士郎 パイラ人―岡本太郎に捧げるバボット 2018

日比野克彦 ERROR 1982 岐阜県美術館蔵

金沢健一 音のかけら 9 2001(参考)

藤井健仁 転校生 / スピードブレッド 2016

石内都 Mother’s 25 MAR 1916 #53 2000

角文平 キリン 2006 アートフロントギャラリー蔵

ヒグマ春夫 DIFFERENCE 2001

TM & c TOHO CO., LTD.

© 円谷プロ

 開館20周年を迎える岡本太郎美術館が記念展として、これまでに開催してきた企画展を振り返り、展覧会を象徴する代表作品や資料を抽出し展示する展覧会を前後期に分けて開催。前期「岡本太郎・縄文から現代へ」では、「太陽の塔」「明日の神話」「パブリックアート」など、岡本太郎の多面的な活動をたどった。

 続く後期「芸術と社会・現代の作家たち」のテーマは、「芸術と社会の関わり」「次世代を創造する作家への支援」「岡本太郎が交流した作家とその時代」。「芸術と社会の関わり」では、日本人が忘れてはならない震災という災害の問題、食や鉄道といった日常のモチーフ、あるいは『ゴジラ』『ウルトラマン』などの映画やテレビのキャラクターなど、一見芸術とは無縁と思われる社会的な事象と芸術との関わりに焦点を当てる。

「次世代を創造する作家への支援」では、岡本太郎現代芸術賞受賞者を中心とする現代作家たちの作品を展示。そして「岡本太郎が交流した作家とその時代」では、池田龍雄、北代省三、村上善男、土方巽、小野佐世男らと太郎との交流や作家たちが生きた時代について紹介する。