EXHIBITIONS

ハートムット・ランダウアー「elements」

Gallery 38|09.25 - 11.22

ハートムット・ランダウアー regenhaus 2019 撮影者=小川真輝 ©️ Hartmut Landauer

 ドイツ出身のアーティスト、ハートムット・ランダウアーの日本初個展が開催される。

 ランダウアーは1966年生まれ。95年にアカデミー・デア・シュトゥットガルト芸術大学でファインアートの学士号を修了し、メキシコや南アフリカ、エクアドル、スペインなど多くの国々で生活をした後、現在はドイツ・シュトゥットガルトを拠点に活動。近年はメタモルフォーゼをモチーフとして、抽象絵画シリーズ「lighthouse ray paintings」「memory scapes」、カードボードや紙などを用いたオブジェや、彫刻とインスタレーションのシリーズにも取り組んできた。

 本展では、長野県・小海町での約2ヶ月半のアーティスト・イン・レジデンスで制作した新シリーズを発表。小海町の静けさや神秘的環境から着想を得た新たなシリーズは絵画と彫刻の組み合わせからなり、二次元と三次元の素材やメディウムが融合したハイブリットなかたちを見せる。