EXHIBITIONS

森鷗外と帝国美術院の芸術家たち

藤島武二 西洋婦人像 明治41~42(1908~09)年頃

  1919(大正8)年に文部省によって設立された美術に関する諮問機関・帝国美術院。主な役割として年に1度の帝国美術院を主宰しており、その初代院長には森鷗外が籍を置いた。

 島根県立石見美術館では、美術作品収集方針のひとつにとして「森鷗外ゆかりの美術家の作品」を掲げ、石見出身の森鷗外が日本近代美術史に残した足跡を顕彰する活動を実施。今年が帝国美術院開設から100年目にあたることにちなみ、今回の展覧会では、鷗外のもとで帝国美術院の会員を務めた日本画家、洋画家の作品、そして第1回帝国美術院に出品された作品を紹介する。

 主な展示作品に、藤島武二の《西洋婦人像》、黒田清輝の《ポプラの黄葉》 など日本画と洋画およそ14点。