EXHIBITIONS

Imagination dead imagine

不忍画廊|08.15 - 08.30

三井田盛一郎 自転車(シリーズ「モロイ」より) 2019

山田純嗣 (19-3)GABRIELLE D'ESTREES AND ONE OF SISTERS 2019

會田千夏 the fissure2019.1.26 2019

設楽知昭 窓硝子ノ中 2019

サミュエル・ベケット著(宇野邦一訳)『モロイ』 表紙・挿絵=三井田盛一郎 装丁=小池俊起

 不条理劇『ゴドーを待ちながら』で知られる作家、サミュエル・ベケット。演劇界だけでなくアルベルト・ジャコメッティやマルセル・デュシャンと交流があり、クリスチャン・ボルタンスキーやダミアン・ハーストをはじめ、多くの現代美術家達にも影響を与えている。

 ベケットの没後30年、ノーベル賞受賞から50年の節目に開催される本展。ベケットが残した言葉「Imagination dead Imagine(想像力 死んだ 想像せよ)」からインスパイアされた4作家、會田千夏、設楽知昭、三井田盛一郎、山田純嗣の新作を紹介する。                   

 ベケット三部作のうち既刊の『モロイ』に加え、会期中に『マロウン死す』の翻訳本も刊行予定。同書翻訳者・宇野邦一と、表紙・挿絵を担当した三井田盛一郎によるトークイベントが8月17日に行われる。