EXHIBITIONS

木目(きめ)をつくる

後藤信治 4寸飯椀・錫蒔塗り 2013

小林努 左から《黒の巡礼》《樹の巡礼》《水の巡礼》 2014-18

小林努 one-day drawing 18 20190416 2019

大曽根俊輔 ブラジルバク カルロス 2009

梅川茜 お茶セット入れ 2017

 藤沢市アートスペースは2018年より、藤沢市と姉妹友好都市提携を結ぶ各市との文化交流を図るプログラムをスタート。本プログラムは、各姉妹友好都市と湘南ゆかりの若手アーティストを迎え、展覧会を通して互いが理解を深める機会として行われる。

 第2弾となる今回は、半世紀以上にわたり藤沢市と様々な交流を行ってきた長野県松本市ゆかりのアーティスト、梅川茜と大曽根俊輔、小林努、そして藤沢市で活動する後藤信治が参加する。

 本展で紹介する4名の作家は、共通して伝統的な制作技法を用いた上で独自の表現を展開。技法や形態、表現方法はそれぞれ異なりながら、素材と真摯に向き合い、試行錯誤しながら作品を生み出している。

 それぞれを理解するための手立てとして、作品の表層・木目(きめ)から、制作に費やした作家の時間や作品にこめた思いなどを読み取りたい。