• HOME
  • 展覧会
  • 兵庫
  • イラストレーター・灘本唯人の全貌 ―男と女のレシピ―
EXHIBITIONS

イラストレーター・灘本唯人の全貌 ―男と女のレシピ―

2019.07.02 - 08.04, 2019.08.06 - 09.16

灘本唯人 秀巧社ギャラリー「Exhibition of works by Nadamoto Tadahito 」ポスター 1982 個人蔵 ※前期展示

灘本唯人 ギンザ・グラフィック・ギャラリー「銀座界隈隈ガヤガヤ青春ショー」展覧会ポスター 2009 個人蔵 ※後期展示

灘本唯人 1993 個人蔵 ※通期展示

灘本唯人 オリジナル作品 個人蔵 ※前期展示

灘本唯人 1979 個人蔵 ※後期展示

 洗練された洒脱で流麗な線、艶のある色彩のイラストレーションで、グラフィックデザインの一時代を牽引した灘本唯人(なだもと・ただひと)。

 和田誠、宇野亞喜良、横尾忠則、山口はるみらとともに、日本初のイラストレーター組織「東京イラストレーターズ・クラブ」を結成したことでも知られ、独特にデフォルメされた、人間味溢れるイラストレーションを制作。仕事は、企業広告、イベントポスターのデザイン、小説の装丁、雑誌の表紙絵や絵本にいたるまで多岐にわたり、とりわけ人物の風姿表現においては、優れた色彩感覚や造形感覚による、自由奔放でユーモアあふれる描写で定評を得た。

 本展は、作家の出身地・神戸での、またBBプラザ美術館の開館以来初となるイラストレーターの個展。時代を超越して人々を魅了する初期から晩年までの作品の数々を展示し、イラスト界の重鎮として残した画業の足跡をたどる。