EXHIBITIONS

浮世絵にみる江戸美人のよそおい

八王子市夢美術館|05.23 - 06.29

一勇斎国芳 山海目出多以図会 くせが直したい 相州鰹魚釣 嘉永5年 ポーラ文化研究所蔵

溪斎英泉 美艷仙女香 文化12~天保13年 ポーラ文化研究所蔵

一勇斎国芳 三定例之内 婚禮之図 嘉永元年 ポーラ文化研究所蔵

 江戸時代は、現代と比べて社会的な制約が多かった時代。庶民の身だしなみについても厳格なルールがあり、化粧や髪型を見れば、身分・階級・地域や未婚・既婚、そして年齢までも判別できたといわれている。

 当時の化粧も現在よりシンプルで、紅の赤、白粉の白、お歯黒の黒の三色が基本であった。そうした制約の中でも女性たちは自分なりに工夫をして化粧や髪型を楽しみ、その様子が描かれた同時代の浮世絵からは、現代にも通ずる女性の美へのこだわりと心情などを読み取ることができる。

 本展では、「化粧・女性・美意識」をテーマに化粧にまつわる幅広い研究活動を行うポーラ文化研究所所蔵の、浮世絵美人画と当時の化粧道具・装身具をあわせて展示。粋で華麗な女性たちの装い、そして繊細な装飾が施された化粧道具や装身具を通して、江戸時代の美の様相を伝える。