EXHIBITIONS

髙倉大輔 「clerestory」

TEZUKAYAMA GALLERY|05.09 - 05.31

髙倉大輔 loop pieta #4 the river(to the sea) 2019

 演劇、写真、デザインの3つをベースとして写真作品を制作するアーティストの髙倉大輔。自身の役者としての経験を作品の主軸とし、2014年に一人芝居をテーマとした「monodramatic(モノドラマティック)」シリーズを発表。被写体に俳優や表現者を選び、そこに髙倉が演出をつけてひとりの人間の様々な表情や動きをひとつのシーンに映し出した。

 また、2016年の「loose polyhedron(ルーズ・ ポリヘドロン)」は、「monodramatic」より派生したシリーズで、喜怒哀楽をテーマにひとりの若者の多面的な感情にフォーカスした。

 これらの作品のようにひとつのシーンを設定し、客観的に他者の表情を引き出してきた髙倉。本展では、髙倉自身の感情により生まれた、ミケランジェロの《ピエタ》からインスピレーションを受けた新シリーズ「loop pieta(円環のピエタ)」と、代表シリーズ「monodramatic」に新作を加えて発表する。