EXHIBITIONS

内⽥あぐり —— 化身、あるいは残丘

内田あぐり 消光 #12h 2012

 身体をテーマに圧倒的な世界観を放つ作品を描き、新たな日本画の可能性を示してきた内田あぐり。

 本展では、新作を含めた近年の代表的な日本画作品を中心に約20点を展示し、内田の作品の深部にある絵画表現の本質とその魅力を紹介。美術館の3つの展示空間を活かして、空間全体を圧倒する挑戦的な近年の大型作品を展開するいっぽうで、情念を発する初期の濃密な具象作品を対比的に配し、ダイナミックで緊張感ある作品空間をつくり出す。

 本展で発表される新作は、これまで積層されてきた内田の絵画考による化身として、眼前にその姿を現したひとつの「残丘」とも呼べる作品となる。