EXHIBITIONS

THE BODY―身体の宇宙―

町田市立国際版画美術館|04.19 - 05.18, 05.20 - 06.22

ヘンドリク・ホルツィウス ファルネーゼのヘラクレス 1592頃 町田市立国際版画美術館蔵

アルブレヒト・デューラー ネメシス 1502頃 町田市立国際版画美術館蔵

ジャック=ファビアン・ゴーティエ=ダゴティ 『人体構造解剖図集』より 1759 町田市立国際版画美術館蔵

グレゴール・ライシュ 『哲学の真珠・新版』より 1508 町田市立国際版画美術館蔵

大垣美穂子 Milky Way-Threshold #01 2017 作家蔵

 古くより科学や美術などにおいて、様々な眼差しを向けられてきた人間の身体。理想を求める美術、仕組みを明らかにする解剖学、そして天体とのつながりを見出す占星術など、人の感性と知性、そして想像力は多彩な身体のイメージを生み出している。

 本展では、小宇宙ともいうべき身体の世界を紹介。早くから身体に注目し、理想の身体美の追究したアルブレヒト・デューラーの版画作品や、科学的関心にとどまらない美学から生まれた解剖図、身体と建築の類縁関係を浮き上がらせる廃墟の解剖図、「生」や「死」に着目する現代日本の美術家・大垣美穂子の立体作品など約140点が展示される。