EXHIBITIONS

日常のとなり anno lab

本展メインビジュアル

 九州発信のプロジェクトとして、福岡県を拠点にインタラクティブ思考の作品を手がけるクリエイティブ集団「anno lab(あのラボ)」の初個展が開催される。

「anno lab」は2012年、九州大学芸術工学部出身のメンバーによって設立。現在は、学術研究員、アニメーション作家、ゲーム開発者、広告代理店勤務、Fabマスター、映像ディレクターといった様々な経歴を持つクリエイターが集まり、おもしろさや楽しさをはじめとする知的好奇心を出発点に、メディアアートの企画・制作、ブランディングデザインを通して遊び心あふれる新しい体験を生み出している。

 近年では、壁に描かれたイラストにタッチすると科学の史実や事象が楽しく展開する《発見の壁》や、伝声管型のマイクに向かって鳴き真似をするとアーティスティックな動物が現れる《なきごえアート》といった好奇心を刺激する作品を展開し、福岡のほか、アルゼンチン、中国、シンガポールなど国外でも発表を行う。

「世界一楽しい街を創る」をモットーに、素朴な疑問を楽しみながら探求するプロセスを大切してきた「anno lab」。本展では、「日常のとなり」をテーマに、周囲への「気づき」と「探求」のプロセスを体感的に楽しめる展示を構成する。