EXHIBITIONS

第25回日本陶芸展

茨城県陶芸美術館|04.26 - 07.06

高橋朋子 minamo 水澄む朝 宵さりの水 特別賞・茨城県陶芸美術館賞 個人蔵

五味謙二 shi-tou『シサ』 大賞・桂宮賜杯 個人蔵

アイザワリエ 鱗 優秀作品賞・文部科学大臣賞 個人蔵

 1971年に創設され、隔年で開催されてきた日本陶芸展。会派や団体にとらわれない、「実力日本一の陶芸作家を選ぶ」というコンセプトのもと、約半世紀にわたって開催され、松井康成や三代德田八十吉など、重要無形文化財保持者(人間国宝)として活躍した作家も歴代の大賞受賞者に名を連ねている。

 第25回を迎える本展では、第1部「伝統」、第2部「自由造形」、第3部「生活の器」の3部門の応募509点から選ばれた136点と、人間国宝の前田昭博、福島善三、十四代今泉今右衛門ら巨匠や気鋭の中堅・若手作家が出品する招待部門を加えた150点を展示。笠間市在住の作家で大賞・桂宮賜杯を受賞した五味謙二の作品をはじめ、現代日本陶芸の最高水準の作品を紹介する。