EXHIBITIONS

ステファニー・クエール「Bear Nature」

Gallery 38|04.17 - 06.14

Photo by Masaki Ogawa

 自然の力強さを創作源に、動物の彫刻作品を手がけるイギリスのアーティスト、ステファニー・クエールの個展が開催される。

 クエールは1982年イギリス・マン島生まれ。2005年スレード・スクール・オブ・アート彫刻学科を首席で卒業。07年にロイヤル・カレッジ・オブ・アート彫刻学科修士課程を修了し、島内の農場にあるアトリエとロンドンのスタジオで制作を行っている。

 日本では、2014年に「信楽陶芸の森」(滋賀)でアーティスト・イン・レジデンスとして2ヶ月間滞在。大型の作品を伝統的な窯で焼くことに取り組んだ。

 動物のたんなる再現ではなく、それぞれの性質に焦点を当て、命を吹き込むように彫刻作品を制作してきたクエール。日本での2年ぶりの個展となる本展では、クマをモチーフに、人と自然の関係性を感じさせる新作を発表する。