EXHIBITIONS

縮小/拡大する美術

センス・オブ・スケール展

横須賀美術館|04.12 - 06.22

高田安規子・政子 豆本の山 2013 作家蔵 撮影=長塚秀人

しばらくここで待ってクリップ © Tatsuya Tanaka

岩崎貴宏 Reflection Model(Rashomon effect) 2015 ジット株式会社蔵

鈴木康広 日本列島のベンチ 2014 作家蔵

 現代美術を中心に、精密な縮小模型から巨大なオブジェ、広範囲の世界をとらえた写真や絵画、異なる縮尺が存在するインスタレーションなどを紹介する展覧会が開催される。

 出品作家は、岩崎貴宏、国友一貫斎、鈴木康広、高田安規子・政子、高橋勝美、田中達也、中谷宇吉郎、野村仁、平町公、ロバート・フック、松江泰治の11組。

 国内外で活躍する高田安規子・政子と岩崎が、横須賀美術館のために手がけた新作が見どころのひとつとなるほか、田中によるミニチュア写真、横須賀出身の高橋が制作した和風ドールハウスの模型、また平町が、三浦半島沿岸を巨大なパノラマで描き出した絵画作品などを展示。斬新な見立てや繊細な手業に注目しながら、美術館で体験する「スケール」の旅を楽しみたい。

 会期中には、各出品作家によるトークイベントも行われる。