EXHIBITIONS

G3-Vol.127

田中栄一展 太古の鼓動

熊本市現代美術館|02.14 - 04.21

田中栄一 砂と記憶 太古の鼓動

 オーストラリアやニュージーランド、エジプトなど世界各地を渡り歩く熊本出身・在住の写真家、田中栄一の個展が開催される。
 
 田中栄一は1954年生まれ、79年東京造形大学映像科卒業。代表作「砂と記憶」シリーズでは、オーストラリアのフレーザー島にある砂丘をモノクロ撮影し、自然の造形美を抽象的にとらえることによって時間の経過を表現した。本シリーズはフレーザー島の所在地、オーストラリアのクイーンズランド・アートギャラリーに収蔵され、現地でも高い評価を得ている。

 本展では、フレーザー島で撮影したカラー写真作品を、縦横1メートルを超える大型ライトボックスで見せる4点組の新作《砂と記憶 太古の鼓動》や、代表作「砂と記憶」シリーズなどを展示。田中が写真を通じて追求する「美」の多様性に焦点を当てる。