EXHIBITIONS

点と線の宇宙

石川美奈子/今村洋平/渡辺望

石川美奈子 Line_Blue 2011

今村洋平 triangle 2014 Photo by Kei Okano

渡辺望 OBSERVER 2016

 数多の小さな点や細い線を結び合わせ、光、山、星などの自然や宇宙を表現する石川美奈子、今村洋平、渡辺望のアーティスト3名を紹介する展覧会が開催される。

 石川は1974年岩手県生まれ、99年岩手大学大学院教育学研究科修了。絵具の色合いを少しずつ変化させ、何本も線を引くことによって大気を表現している。緻密な作業の積み重ねによる青色のグラデーションは果てしなく広がる空や海を、また虹色のスペクトルは移ろう光を連想させる。

 今村は78年福岡県生まれ。2003年東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業、2004年東京造形大学研究生修了。シルクスクリーン版画の技法を用い、立体的な山や幾何学模様をつくり出している。本展では会場に刷り台を設置し、その制作の様子も公開予定。

 渡辺は1984年神奈川県生まれ。2009年多摩美術大学大学院美術研究科修了。16年、University for the Creative Arts, MA Fine Art(イギリス)修了。身のまわりの景物を星空に見立て、掌中の宇宙を思わせる写真、映像、インスタレーションにより、宇宙と人間の関わりを考察している。