EXHIBITIONS

開館20周年企画展 vol.1

シュルレアリスムとダリ

諸橋近代美術館|04.20 - 06.23

サルバドール・ダリ ビキニの3つのスフィンクス 1947 公益財団法人諸橋近代美術館蔵
© Salvador Dali, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR Tokyo, 2018 E3246

ルネ・マグリット 人間嫌いたち 1942 広島県立美術館館蔵
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 E3246

フランシス・ピカビア アンピトリテ 1935頃 広島県立美術館館蔵

 20世紀を代表するシュルレアリスムの芸術家、サルバドール・ダリの作品をアジア最大規模で所蔵する諸橋近代美術館。その開館20周年を記念し、2019〜20年にかけて3つの企画展「シュルレアリスムとダリ」「四次元を探しに:ダリetc.と21世紀の対話」「ダリとハルスマン展 ~ダリ・ポートレート~」(いずれも仮称)を開催する。

 「柔らい時計」とも言われる《記憶の固執》をはじめ、印象的なポートレイトや逸話でも知られるダリ。絵画のほか、彫刻や版画、舞台装置や衣装デザイン、さらに映画制作まで、多才さを発揮した。また、探究心の強かったダリは、印象派、点描派、キュビスムに学び、1930年代に盛んとなった「シュルレアリスム(超現実主義)」の運動に加わった。

 本企画の第1弾「シュルレアリスムとダリ」では、フランス・パリで興った20世紀最大の芸術運動「シュルレアリスム」に注目。シュルレアリスムの発足まで溯り、シュルレアリスムのあり様や芸術家たちの実験的な制作技法、そしてダリがこのグルーブの中でどのうような存在であったのかを紹介する。