EXHIBITIONS

宮崎光男「Universe」

児玉画廊|11.30 - 12.28

宮崎光男 The Sun 2018 画像提供=児玉画廊

 日本画材の岩絵具を主な素材に、オールオーヴァーな抽象絵画を制作してきた宮崎光男。多摩美術大学在籍時には日本画を専攻し、以来、岩絵具の特質を駆使して、顔料の粒子がわずかに煌き、乱反射することで柔らかな明るさを湛える画面を生み出してきた。

 宮崎は絵画における抽象表現について、「作品は鑑賞者の自由な受け止め方を制限しない、それと同時に制作者は鑑賞者の自由な感受性を受容するという相互関係が築かれることで、初めて無限の多様性が生まれ、抽象性が発現する」としている。

 本展は、これまでグループ展で出品してきた児玉画廊での初個展。鑑賞者が感じる「抽象」の受容することが可能な絵画、多様性に依拠する抽象絵画を描き出すことを試みる。