EXHIBITIONS

岩本拓郎 すべての いろと かたち

岩本拓郎 天啓の白 2018

岩本拓郎 天空からの光 2018

岩本拓郎 すべての始まり 2017

岩本拓郎 灰色の始源 2018

岩本拓郎 凍結と融解 2018

 東京国立近代美術館にも所蔵される「SQUARE-STROKE」シリーズをはじめ、無類の抽象画を生み出す画家・岩本拓郎。そのみずみずしい表現で多方面から高い評価を受け、作品は全国各地の美術館、病院や学校、ホテルなど多数の施設に設置されている。

 「―すべての色、すべてのかたち― それがどんなに小さくても、宝石のように光り輝き、野に咲く花のように、生命感に溢れ、それがどんなに小さくても広大な宇宙を感じさせるような、そんなものを描きたいのです」と語る岩本。様々な概念の縛りを解くように描かれる岩本の絵画には、絵具の重なりが生みだす響きや、自由な描線によってつくられる豊かな形象といったあらゆる「色」と「かたち」が存在している。

 本展では、この数年来取り組んできた1センチ角の画面による表現「SQUARE-11シリーズ」より30点を厳選し、シリーズ初の試みとして展観。2000年代の作品群や、本展開催にあわせて制作された新たな連作も見どころだ。会期中には、対談、音楽家とのコラボレーションによるライブペインティング、展示室内でのミニライブを実施。本展を通して、音楽のように立ち上がる岩本の豊かな絵画表現を堪能できるだろう。