EXHIBITIONS

上田勇児「ひびき合う土の記憶」

Kaikai Kiki Gallery|11.27 - 12.10

上田勇児

 焼き物のひび割れや変形を美しさとらえ、様々な作品を生み出してきた陶芸家・上田勇児が、カイカイキキギャラリーでの初個展を開催する。

 上田は1975年滋賀県生まれ、焼き物の名地・信楽の茶農家に育つ。2002年より神山易久に師事し、陶芸作家としての活動を開始。釉薬を使った実験を試み、現在は信楽の上朝宮に住居と仕事場を構え制作を行う。

 丁重に扱わなければ壊れてしまうような繊細な表現を主流としてきた上田。しかし本展では、自身のこれまでの創作概念を覆し、壊れづらく長く親しんでもらえるよう手がけた、最新作100点超を一挙に披露する。