EXHIBITIONS

framework - 諸泉茂 / マンヒルド・ノルダル / 末永史尚

Maki Fine Arts|12.15 - 02.17

マンヒルド・ノルダル Riegelbau #1 2011

諸泉茂 ℃ - BLESS YOU 2014

末永史尚 Tangram Painting 2015

 温度計を使った作品で知られる諸泉茂と、木造建築のハーフティンバー様式に基づく彫刻作品を制作するノルウェー出身のアーティスト、マンヒルド・ノルダル、シルエットパズルの一種「タングラム」を使った組み替え可能な絵画で、描くことの本質を探る末永史尚。それぞれ異なる素材とアプローチで、ポスト・ミニマリズム的題材を実践する3名によるグループ展が開催される。

 諸泉は1954年神奈川県生まれ、多摩美術大学彫刻学科卒業。90年頃より目盛りの無い温度計を素材に、温度が織りなす世界をオブジェ、映像、インスタレーションなど、様々なかたちで視覚化している。

 ノルダルは85年生まれ、ベルゲン在住。建築構造、科学的システムを取り入れた彫刻作品を発表している。

 末永は74年山口件生まれ、99年東京造形大学卒業。日用品や展示空間に関わるものから取り上げ、視覚的トピックをもとに絵画・立体作品を手がけている。

 本展では、それぞれの作家の代表的なシリーズより、旧作と新作を織り交ぜて展示予定。ノルダルは日本での初展示、末永はタングラムパズルをモチーフとした作品を発表する。