EXHIBITIONS

ミケーラ・ペドロン THE DEAR DEER AND THE CRANKY CROW

ミケーラ・ペドロン Cranky crow 2017

ミケーラ・ペドロン Cranky crow 2017

ミケーラ・ペドロン Dear Deer 2017

「ミケーラ・ペドロン THE DEAR DEER AND THE CRANKY CROW」展より 伊豆大川会場 画像

「ミケーラ・ペドロン THE DEAR DEER AND THE CRANKY CROW」展より 伊豆大川会場 画像

「ミケーラ・ペドロン THE DEAR DEER AND THE CRANKY CROW」展より 伊豆大川会場 画像

 イタリアの現代アーティスト、ミケーラ・ペドロンの新作と、彼女がシリーズとして制作してきた作品群を一望できる展覧会を、ヒロ画廊伊豆高原(第一会場)、そして新たなスペースとしてオープンしたヒロ画廊伊豆大川(第二会場)にて開催中。伊豆高原のスペースは鹿とカラスをモチーフに追求したシリーズの新作約20点、伊豆大川のスペースではインスタレーション作品を含んだ彼女のイタリアンポップアートの世界を紹介する。

 ミケーラ・ペドロンはいくつかのモチーフを一貫したシリーズとして制作することで現代世界を全体的に理解し描き出そうと試みており、その作品には様々なかたち の「二元性」を見出すことができる。「Cranky Crow」や「Nevermore」で描かれるカラスは、多くの文化で神の使いであるとともに不幸の担い手でもあるなど対照的な概念を象徴。一方、「Dear Deer」では童話にも描かれるように虚栄の象徴ともされる鹿が描かれ、真に価値あるものを忘れて上辺の美しさばかりを重視する社会が批判されており、こうしたモチーフは独自の表現技法で幻想的に描かれる。

 ペドロンはキャンバスに絹を重ね、しわくちゃにくせをつけ、あるいは古色加工を施すなど既存の方法に囚われない自由な方法で、社会の様々な境界線を問い直す作品を制作し続けている。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。