EXHIBITIONS

イケムラレイコ「Not a Girl」

イケムラレイコ Sphinx in Gelb I(Sphinx in Yellow I) 1999 © Leiko Ikemura

 ドイツ在住の作家、イケムラレイコは1951年三重県生まれ。大学卒業後、72年にスペインへ渡り、セビリア美術大学で学ぶ。スイス滞在を経て、83年よりドイツへ移り、現在はベルリンとケルンを拠点に活動。ドイツ、フランス、スイスなどヨーロッパを中心に個展を行うほか、グループ展にも多数参加している。

 日本では、2011〜12年にかけて、東京国立近代美術館と三重県立美術館で回顧展が開催。19年1月から国立新美術館にて大規模な個展を予定している。

 横たわる少女、風景、木や動物などをモチーフに描いた絵画、彫刻作品を通して生と死、西洋と東洋のあいだの境界線を行き来するような独特な世界観を表現してきたイケムラ。本展では、新作、旧作とあわせて、立体や絵画作品を発表する。