EXHIBITIONS

和田真由子「余暇」

児玉画廊|08.17 - 09.14

展覧会イメージ 画像提供=児玉画廊

 「イメージにボディを与える」というコンセプトに基づき、絵画のあり方を根底から問い直すようなアプローチを行ってきた和田真由子。自らの論理的思考を一貫性を持って視覚化するために、建物やヨット、馬、鳥といったイメージしやすい対象をモチーフに、様々な形態で表現している。和田は従来のハイコンテクストな作品だけでなく、遊び心に溢れた作品も多数制作してきたが、そのほとんどがこれまで展覧会の表舞台には登場することはなかった。

 本展は、そうした和田の舞台裏的制作にフォーカスし、作家の思考を別角度から示そうと試みるもの。密かに人気を集めていた食べ物をテーマにした未発表作品や、習作に近いライトな作品の数々を展示する。