EXHIBITIONS

網膜と記憶のミトロジー

セゾン現代美術館|09.08 - 11.25

畑山太志 無有交差孔 2017

依田洋一朗 Living Too Long With A Single Dream(The Great Gatsby) 2013

箱嶋泰美 Night cruise / 夜をゆく 2014

 異なったキャリアやバックグラウンドを持ちながら、共通して「記憶」を題材に制作するペインターたちによる展覧会が開催される。

 本展の出品作家は、ニューヨークで出合った美しい風景が破壊されることへの嘆きや、映画の一場面を独自のデペイズマンの手法で描く依田洋一朗、目の錯覚を利用したトロンプルイユによって、幼少期に滞在したアジアの記憶を高度な色彩対比で絵画化する箱嶋泰美。そして、旅行で訪ねたフィンランドで、網膜に焼きついた光と記憶を、過去を追体験させるような抽象絵画で表現する畑山太志。「記憶」をテーマとした、画家3名の壮大な叙事詩的作品が展示される。