EXHIBITIONS

サンダーソンアーカイブ

ウィリアム・モリスと英国の壁紙展

~美しい生活を求めて~

ウィリアム・モリス ピンパーネル(るりはこべ) 部分 1876 サンダーソン社蔵 © Morris & Co.

ウィリアム・モリス トレリス(格子垣) 1864 サンダーソン社蔵 © Morris & Co.

ウィリアム・モリス バチェラーズ・バトン(やぐるまぎく) 1892 サンダーソン社蔵 © Morris & Co.

ウィリアム・モリス サンフラワー(ひまわり) 1879 サンダーソン社蔵 © Morris & Co.

ウィリアム・モリス ウィロー・バウ(柳の枝) 1887 サンダーソン社蔵 © Morris & Co.

 19世紀イギリスを代表する思想家、詩人、そしてデザイナー、工芸家でもあったウィリアム・モリス。産業革命により大量生産品があふれた当時のイギリスにおいて、丁寧な手仕事から生まれる美を愛し、自然と装飾との共生を目指した。

 モリスは結婚を機に新居となるレッド・ハウスを建設した際、自身の目指す快適な生活空間には家具や壁紙が欠かせないものだと気づき、木版による美しい壁紙を制作。リアリズムに基づいた3次元の世界観を離れ、平面的でありながら生き生きとして壁面一杯に優雅に広がる鳥や草花が、100年以上経ったいまでも人々を魅了する居心地のよい空間を演出している。

 本展では、モリスのデザインを中心に、英国有数の壁紙会社サンダーソン社が所蔵する貴重な壁紙や版木など約130点を日本初公開。出品作の中には、日本から輸入した金唐紙もあり、当時のヨーロッパにおけるジャポニズムの影響の大きさを見ることできる。

 また会場内には、モリスデザインの壁紙を用い、居間を想定したコーナー「クラシックモリス」、現代のライフスタイルに合わせたモノトーンの「ピュアモリス」コーナーを造作。19世紀に隆盛期を迎えた英国壁紙デザインの変遷をたどるとともに、モリスが目指した「美しい生活」を紹介する。