EXHIBITIONS

ドローイング ―内なる水脈の解放―

武蔵野美術大学 美術館・図書館|05.20 - 08.09, 08.17 - 08.18

中西夏之 《8/18-2》 2009(部分)

中西夏之 《8/18-2》 2009

 2009年に開催した「ドローイング—思考する手のちから」展を皮切りに、学生の教育・研究に資するため、ドローイングの収集に力を入れてきた武蔵野美術大学 美術館・図書館。本展では、近年収蔵した作品を中心に、画家、彫刻家、建築家、異なるジャンルのドローイングを紹介する。

 出品作家は麻生三郎、加納光於、中西夏之、吉田克朗、保田春彦、若林奮、芦原義信ら。電子機器の普及によってペンを握らずに意思表示をすることが可能となり、自らの手を動かして何かを書く(描く)という行為が以前と比べて格段に減少したいま、ドローイングにより思考を整理し、無意識から引き出したアイディアをかたちづくる重要性、秘められた可能性を伝える。