EXHIBITIONS

大久保薫

温室

児玉画廊|天王洲|04.20 - 06.01

大久保薫 就寝時間 2018 画像提供=児玉画廊

大久保薫 就寝時間 2018 画像提供=児玉画廊

 「肉体」をテーマに絵画を制作する大久保薫。身近な身体といかにして距離を保ち、対称化するか、そのためのあらゆる試行を続けてきた。

 これまで、一作品に対して膨大な数の素描を繰り返し、反復と習熟によって肉体にまとわりつく情念を取り去る試みや、長い棒の先に結わえた絵筆でもってキャンバスとの距離を取りながら、震える筆先の不自由さに神経を尖らせることによって「肉体」から意識を遠ざけるような方法で作品を制作。またある時期には、モチーフとなる人物の前面にフェンスや植物のような視界を遮るものを重ねて描くことで、意図して肉体を直視をしない・させない、フィルターがけをするような構図の作品も描いている。

 本展では、新作・近作をともに展示。堂々とした体躯、示威的なポーズ、階級や社会的帰属・地位の高さなど、「肉体」そのものの表象ではなく、モチーフとなる人物に権威的な属性を与えることで、ある種の強さを表す。